« 三田ユキンコフ | トップページ | グフ »

2011年4月 7日 (木)

アーカ−ドそして無音系

はーい!
私、三田ユキンスキー蓉子。
あ、この蓉子って「ようこ」って読むのよ。
みんな元気だったかしら。
ちょっとの間ほったらかしになってたんだけど
おっと・・
なんか下に変な書き込みがされてるわね。
理屈っぽいことが色々書いてあるけど・・
定時報告って・・全然定時じゃないじゃない。
って、まあ気にしないでいくわよ。

ちょっと最近漫画を読んだの。
ヘルシングとサムライガン。
それと月姫ね。
ヘルシング・・・まさか終わってたとは思わなかったわ。
9巻までは読んでたんだけどねえ。
前髪ぱっつんアーカードがシュレディンガーとりこんで
目を見開くシーンに萌えたわ。
アーカード萌えー。
インテグラ燃えー。
シュレディンガーこうやってつかうんだーって感心したわ。

それとね、サムライガン。
じつは前から好きだったんだけど通して読んでなかった
のよね。
なかなかセクシーで絵柄も変わってて好きなの。
この漫画、特に後半になるほどそうなんだけど
サイレントな漫画、って感じがするの。
それが凄く特徴的だと思うんだけど
効果音とかは入ってるんだけど
基本的にあんまり音がしてこないのよね。
サムライガン月光の4巻目50pの下の大きいコマ。
これなんか特にその特徴が良く出てて、なんか光って爆発してそうな
絵なのに凄い静寂があるの。
こういう演出って詩的よね。
それが何となくノスタルジックだったりするんだけど。
このコマ見て思い出したのがジョージベンソンの
Beyond the Blue Horizonのジャケね。
CTIのジャケ写はたまにこの無音系写真が使われてて
じょびんのtideとかもそうだったかな。
印象的なの。
無音系写真なんて名前は私が勝手につけた名前なんだけどね。

さて、なんかはじめて漫画の具体名をあげて話してみちゃったわ。
ええと・・・・。
何か他にも書くことがあったような気がするんだけど・・
まあいいや。
そんじゃーねー!

・・あ、月姫のこと書いてないや。
・・まあいいや。
また今度ね!

« 三田ユキンコフ | トップページ | グフ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ヘルシングとサムライガンですか・・・・。
ヘルシングは特有の世界観で猟奇感たっぷりですが、
あれはあれで面白いですよねw
サムライガンは主人公が変身したりしましたよね?w
雑誌で途中読みしかしたことないですが、
18禁に近い青年コミックでも引き込まれる楽しさはありましたw
月姫は小林少年先生のでしょうけどあれも面白いですが、ちょっと物足りない感はありますね。
実際のゲームはしてないのですが、もう少し他ルートの流れもあるとばっちりだったのに・・・・w
まあしっかりとまとめるには1本道がいいんですけどねw
ついでに紹介「ワールド・エンブリオ」森山大輔とか「ゼロイン」いのうえ空とかも
面白いですよ?あとは伊藤明弘先生の作品群も素晴らしいです。
まあお仕事頑張ってくださいw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511009/51321786

この記事へのトラックバック一覧です: アーカ−ドそして無音系:

« 三田ユキンコフ | トップページ | グフ »

フォト

twitter

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ホームページ