« ダカーポ2その後 | トップページ | ダカーポ2さらにその後 »

2011年6月 9日 (木)

FAIR MATE AT-802

昨日実家にちょっと帰ったときに家捜しをしたら
変わったものが出てきたの。

ウチの実家にはとても古いものがたくさん引き出しに入ってて・・
って骨董とかじゃないんだけどね。
10年前のドレッシングとかお菓子とかそういうものが
結構平気で入ってるの。
賞味期限の数年切れたでっかいチョコレ−トがいくつか出てきて
「これもう売ってないのよね」
とかいって食べる気満々なわけ。
チョコはそんな悪くなったりしないとは思うんだけど・・。

んでふと、
居間の引き出しの中に子供の頃からずっと見てたけど気にしてなかった赤い箱があって
何気なく取り出してみたら
何と
それは携帯ラジオだったの。

携帯ラジオといっても携帯で聞くラジオでも、うすべったいカードラジオでもなく
トランプ1セットくらい「かさ」のあるラジオで
しかも
新品未開封。
いや、新品未開封なんだけどもはやアンティークの域に入ってるぼろぼろの箱で
中を見てみると綺麗にパッケージングされたカクカクした白いラジオが出てきたわけ。

fair mate at-802

というのがそいつの名前。
フェアメイト、てなんのメーカーかしらって思ったけど
とにかく素敵な四角いAMラジオが出てきたわけ。
保証書も入ってて日付を見たら
昭和61年1月10日
昭和ってたしか64年までだったからかれこれ25年くらい
封印されてたわけね。
すごい!

なにはともあれ電池を入れてみようと単三電池を二つ挿入してみると
「ブっ」という電子的な音がして何やらさーっという小さな音がしてきたの。
ボリュームを全開にしてもこれだけってことは壊れてるのかしらと思った時、
ボディーをくるっとまわしたらアンテナが入って急に英会話が流れてきたの。
AMラジオって本体自体にアンテナが入ってるから受信しやすい位置に向けなきゃ
鳴んないんだったわ。
なんというか感激したわ。
黄色く変色しちゃた片耳イヤホンでも聞こえたし
以外と丈夫に出来てるのね!
ウチのラジオが他の機能が全滅したラジカセだったから
これならスペースも取らないし便利に使えるかしら。

ほんとは写真でもとってどんなラジオなのかお見せするのが
いいかと思うけど、私演出のされてない写真って嫌いなのよ。
蛍光灯の下でとった汚い写真とかこのページ上にアップロードとかしたくないから
そういう意味で綺麗にとるのなんてめんどくさいから
どんなのか知りたい人は型番で調べてみるといいわ。
オークションでアンティークラジオ1000円って売りに出されてるのとか
あったわ。
大した価値は無いみたいね!

そんじゃ、今日は素敵な発掘劇の話しだったけどどうかしら。
皆さんもおウチを家捜ししてみたら何か発見するかもしれないわね。

そんじゃあね。
バーイ!

« ダカーポ2その後 | トップページ | ダカーポ2さらにその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔の機械ってワ クワクしますね。 ところで、最近 部屋が静かにな ると…チューっ て聞こえるんで すが、どうした もんでしょうか ?

ちゅー?
そりゃ卑猥な音ね。
ブッチュしてるのよ。
ふふっ。
・・・
いや、うそうそ。
ネジミよきっと。
うちゅうちゅうってね。
・・・
いや、それもうそ。
だいたいそーいうのは機械とかの音って相場が決まってるのよ。
出所を探してご覧なさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511009/51897389

この記事へのトラックバック一覧です: FAIR MATE AT-802:

« ダカーポ2その後 | トップページ | ダカーポ2さらにその後 »

フォト

twitter

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ホームページ