« 携帯〜鰹にかけて | トップページ | 新清水ジャンクション付近で3kmの渋滞 »

2012年5月 2日 (水)

ロシアの友、ナントカジマ・K・タスキー

はい!
ユキンスキーよ。
最近、twitterのほうでつぶやくことが
多少あるんだけれども
その代わりと言っちゃあなんだけど
ブログを更新しなくなってきたわ。

一番の問題は毎回ログインしなきゃいけないってことかしら。
パスワードとかほんのちょっとの期間ログインしないと
もう一度入力しなきゃいけないことになるから
めんどし。
英数のランダムな羅列だから覚えてないのよね。
毎回調べてログインするのは億劫ね。

さて、
さて!
さて?
なによりかにより
ゴールデンウイーク!

・・・
晴れないわねえ。
布団が干せない。
晴れて無いと気分も沈みがちになるわ。
こんなならいっそのこと雨が降ってほしいわ。
初夏の雨って好きなの。
梅雨じゃなくてね。
5月頃の。

なんかムクムク感があるのよ。
生物とかが蠢動する気配ね。
ちょっとずつ草とか延びてくるから
お風呂に入ると水かさが増すみたいな雰囲気っていったらいいの?
空気に圧力がかかって全体的に高密度になってきた雰囲気が
とてもいいのよ。
しかも静かでね。
しとしとピッちゃん
しとぴっちゃん。
あ、なんか妖怪みたいな名前ね。
ピッちゃん。
妖精かな。
振り向くとそこに!
・・てね。

昔友達が妖精が見えるとか言ってて
何ラリってんだろって思ってたことがあったけど
・・・
その気持ちは雨が好きな今も結局変わんないわね。
やっぱりカタクリコだったのかしら。
駄目!絶対ね。

書いてて思ったんだけど
ブログで書いてることのほうが
よっぽどつぶやきに近いわ。
独り言と言っても良い。

あ、ちょっと前にね
友達の個展の搬出を手伝ったんだけど
ちょっと前じゃないかな。
結構前か。
ああ、ロシアの友ね。
ナントカジマ・K・タスキーっていうんだけど。
その撤収作業中のことなんだけど
そいつがねなんか
ぶつぶつ言ってんのよ。
下を向きながら。
私に背を向けて。
でもそのギャラリーには私とそいつしかいないから
何か聞かれたのかと思って
「あん?」
っていったら
むこうは何も言ってないって言うのよ。
おかしいなーって思ったけど
もう夜だったし撤収作業を早く終らせようと思って気にせずまた作業をしていたの
使った後、よごした壁は補修しなきゃいけないのよ。
それが結構めんどくてね。

それで気を取り直して再度作業をしてたら
またなんかぶつぶつ言ってんの。
しかもなんか誰かと話してるみたいなの
それでまたね、
「あん?」
って言ったら
また何も言ってないって言うのよ。

私はちょっと不安になってきたのをおぼえてるわ。
気味が悪いとも言うかしら。
その日はちょっと蒸してて風がないどんよりした夜でね。
ギャラリーの隣の部屋が廊下をはさんで見えたんだけど
そこは給湯場がある会議室みたいになっててね
あまり使ってない部屋の雰囲気ってわかるかしら。
なんか綺麗なんだけど空気が止まった感じっていうの?
空気が固体化してるっていうのかしら。
その淀んだ空気を青白くて安っぽい蛍光灯が照らしてるわけ。
そして音の無い停止した空間のなかを作業する音だけが
かちゃかちゃ聞こえてくる。
その音に混じって
・・・・ ・・・・ ・・・・
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ
ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ、ぶつぶつ・・・・

きいやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

・・・
懸命な読んでる人。
読者というのも変だしね。
ブログ拝見者?
ネットサーファーかしら。

はわかってると思うけど
この話しにオチはないわ。
あるけど、
だって最初に言ってるし。

・・・・

でもね
独り言ってなんか変なのよ。
相手が居るのよ。
しゃべってる相手。
インタビューされてるのよ。
イマジネーションの中に生きてる類いまれな才能なのかしら。

ああ、そういえば先日の作業で
アシスタントの人がぶつぶつ言ってたな。
近くにも能力者がいたようね。
彼はその能力に気付いているのかしら。

・・て犬氏が言ってたわ。

なんかとても長く書いてしまったわね。
無秩序に。
でも、その無秩序の中に何か繫がるテーマが現れてくるのを
私は期待してるのよ。
そして、この文にもそれが現れてきている
・・・
かしら。

どうだか。

そんじゃまたね。
ばいびーなりん。

« 携帯〜鰹にかけて | トップページ | 新清水ジャンクション付近で3kmの渋滞 »

ホラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511009/54612105

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの友、ナントカジマ・K・タスキー:

« 携帯〜鰹にかけて | トップページ | 新清水ジャンクション付近で3kmの渋滞 »

フォト

twitter

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ホームページ